PL研究学会 aplics

FrontPage

s_gakkai_image (2)

画像の説明

「三条・燕地域の地域活性化に向けた取り組み」開催のお知らせ

リチウム電池を利用した電動工具やポータブル電源、ドローンなどの安全に関する技術基準や表示などの規制強化が進んでいます。これまで労働安全衛生法(厚労省)所管の様々な作業用機械などもホームセンターやECで販売されると例外なく経済産業省の製品安全・消費者安全に向けた規制対象となり、これらの事故や製品リコールが増えています。この分科会では、製造、輸入販売、流通小売事業者そしてそれらの製品利用者の安全確保と使用済みの廃棄対策なども含めたSDGsの本質的な目的を理解し、環境負荷低減と具体的な地域活性化を進め真の安全安心を推進します。

主 催:一社)PL 対策推進協議会、一社)PL研究学会
共 催:地方創生 SDGs 官民連携プラットフォーム『安全(製品安全・消費者安全)とSDGs分科会』
後 援:三条商工会議所、燕商工会議所、GS1Japan

開催要項
日時:2021年11月26日(金)13時30分開始、終了予定16時30分 受付開始13時

会場:燕三条地場産業振興センター別館:リサーチコア7F マルチメディアホール(収容人員180名)

定員:80名 Zoom参加100名

開催方法:zoom 配信併用によるハイブリッド

参加費:無料

詳細・お申込みについてはPL対策推進協議会のページからお願い致します。

第7回東北工業大学 2021製品安全シンポジウム開催のお知らせ

テーマ:「安全(製品安全・消費者安全)とSDGs」
◇日時 2021年11月13日(土) 13:30~(入室開始時間13:15~)
◇開催方法 Web会議システム「Zoom」によるオンライン開催
◇参加費 無料

2021-10-29 9

今回のテーマは「安全(製品安全・消費者安全)とSDGs」と致しました。
SDGsにも、目標12「つくる責任・つかう責任」として位置付けられており、持続的社会構築を目指すこれからの社会においては環境負荷軽減、働き方改革、新たな分野の人材育成、消費者教育等に深くかかわってくることは確かなところと言えます。
尚、今回は新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、オンラインにて開催することと致しましたが、オンラインの特性を活かし全国の多くの方々とお会いすることも期待しているところでもあります。
是非とも多くの方々がオンラインシンポジウムにご参集することを願っております。


法律体系研究部会2021年度第1回部会開催のお知らせ

開催日時:2021年11月17日(水)17:00~19:00
開催方法:ZOOMにての開催とします。
     配信はPL研究学会事務所から行います。

発表テーマ:「自動車の自動運転化をめぐるPL法と自賠法の交錯」
発表者:福岡大学名誉教授(法学博士) 佐野 誠先生

テーマの趣旨
AI技術の進展は目覚ましく、昨今ではこれを利用した自動車の自動運転化が話題となっています。高齢ドライバーの事故防止には大いに役立つことが期待されていることから、社会的にも注目されています。
そこで自動運転車の事故に関しては、どのような被害者救済策がもっとも合理的なのかを考えたいと思っています。ご高承の通り、わが国の自動車事故の被害者救済策は自賠法ということができますが、昭和30年に施行となったこの法律は当然のことながら、自動運転を想定していません。現在自動車メーカーが開発途上にある、完全自動運転車(レベル5)やそれに近い自動運転車(レベル4)などの自動車事故の場合は、実質の運転はAIが担っているわけで、この時の責任の所在に関しては様々な法律的な論議があります(いわゆる損害賠償請求権の競合の問題など)。ここではどのような論議があり、今後どうすればベストな被害者救済策ができるかを考えるスタートとしたいと思っています。


第7回一般社団法人PL研究学会大会が開催されました。

2021年7月16日に大会が開催され、Zoom参加を併せて100名程がご参加いただきました。
さらに、PL研究学会の下部組織(一社)PL対策推進協議会にて
大会後直ちに7月19日、20日に参加申込者の皆様に向け、zoom報告会をご案内し開催しました。参加総数は両日で60名程度でした。
以下のように報告させていただき、ご意見などを伺っています。ご参加いただいた方に改めて御礼を申し上げます。


新着情報

・学会誌「新PL研究」に掲載済みの論文を公開致しました。
    >>論文公開

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional