PL研究学会 aplics

FrontPage

s_gakkai_image (2)

2019年製品安全に関するリスクマネジメントセミナー

昨年に引き続き、関西大学経済・政治研究所「スポーツ・健康と地域社会研究班」公開研究会と一般社団法人PL研究学会との共催により、下記セミナーを開催します。
なお、本セミナーは農業食料工学会の協賛をいただいています。

共催学会セミナー
関西大学経済・政治研究所「スポーツ・健康と地域社会研究班」公開研究会
兼一般社団法人PL研究学会

【開催内容】
〇メインテーマ:Society5.0に向けた製品安全とリスクマネジメント
〇日時:2019年3月18日(月)13:30〜17:00
〇会場:関西大学東京センター(東京駅日本橋口・サピアタワー9階)
*受付開始 13:00
*3階受付で入館証をお渡しします(1階からエスカレーターで上がった場所)。
〇定員:50名(一般の方も参加できますが、事前登録をお願いいたします)。
〇参加費:資料代1,000円(会員・非会員問わず)受付時にお支払いください。

【講演・研究発表】13:30~15:30
 開催挨拶 PL研究学会会長 大羽 宏一
 講 演  久留米大学法学部教授 朝見 行弘先生 「製造物責任法の論点」
 研究発表 農作業事故の現状と課題-農業機械の安全について
                 農業食料工学会・農業機械部会長 藤井 幸人
 研究発表 製品事故と被害者救済策としての保険約款 PL研究学会 大羽 宏一
  ~休憩~

【2部 パネルディスカッション】15:40~16:30
 コーディネーター 大羽 宏一 PL研究学会会長
 パネリスト    藤井 幸人 農業食料工学会・農業機械部会長
          渡辺 吉明 PL研究学会製品リコール研究部会長
          その他1名(調整中)

【3部 ゲスト講演】16:30~17:00
 亀井克之 関西大学社会安全学部 安全感性は弥生的原型か縄文的原型か
 石井至 関西大学社会安全研究科博士課程・石井兄弟社 観光リスクマネジメント3提言

【情報交換会】17:00〜18:00
 セミナー終了後、会場において軽飲食(参加無料)

2018年度PL研究学会からのご案内

 製品の安全に関する研究を行っている当学会では、法律体系研究部会、消費者対応研究部会及び製品リコール研究部会の3部会を中心に、行政や学者、その他、製品の安全及びそのリスクマネジメントの研究者などが集まり、発表や情報交換を行なっています。
 2018年7月1日に当学会の第4回大会が開催され、「グローバル社会における製造物責任」をテーマに会員による発表が行われ、併せて学会誌第3号を配布しました。本年度も各部会は年間で2〜3回開催する予定ですが、PLに関しては、日本だけでなく世界でも大きな動きが注目されています。
 当学会の部会は、会員だけでなく、広く一般の方々の参加を歓迎しています。平日に行ないますので、ぜひ業務の一環、また研究分野としての見識を高めて頂くためにご参加をお待ちしています。

新着情報

・学会誌「新PL研究」に掲載済みの論文を公開致しました。
    >>論文公開

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional