PL研究学会 aplics

FrontPage

s_gakkai_image (2)

平成28年度製品リコール研究部会 第2回会合開催のお知らせ

以下の日時で製品リコール研究部会第2回会合を開催します。

日時:平成29年1月12日(木)午後2:00~3:30(質疑含む)
会場:東京都板橋区グリーンホール101号室
定員:30名
参加費用:無料

研究発表テーマ:「リコール情報の社会的共有を目指して」
研究発表:主婦連合会 参与 佐野 真理子 様
概要:
消費者庁は事故情報の一元的収集・分析・発信を担い、消費者に寄り添いながら事故の再発防止を目指すことを一つの目標に置く。だが同庁発足からすでに7年が経過したが、リコール未対応製品の重大製品事故は年間100件前後で推移している。高齢者・子どもの事故も深刻化し、消費者への注意喚起情報の発信後も、同類事故は相次いでいる。これらの背景には事故情報の一元的収集・分析・発信の全ての局面で不十分な体制が維持されていることが挙げられる。最も重要な「事故情報の社会的共有化策」については同庁発足以来、ほとんど手つかずの状態である。どんなに重大な情報であっても必要とされるべき人に届かないなら、情報提供の意味がない。どうしたら事故情報の「社会的共有化」が実現するのか、その課題を考えてみたい。

以上、お知らせします。
事務局長 渡辺 欣洋

新着情報

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional