PL研究学会 aplics

第3回消費者対応研究部会を開催します

第3回消費者対応研究部会を開催します

平成29年度消費者対応研究部会第3回会合を以下の日時で開催します。

日時:平成29年3月29日(水)午後1:30~3:30
会場:東京都板橋区グリーンホール1階 101号室
発表テーマ:「使用者の誤使用はいかに認定されるべきか」
発表者:有限会社佐藤R&D 代表取締役 佐 藤 国 仁 様

(要旨)
製造物責任法の欠陥判断においては、使用者の使用形態が「通常予見される使用形態」であったか「誤った使用形態」であったかが大きな争点となる。しかし製造物責任法ではこの判断基準を具体的に定めていないことに加えて、近時工学の世界で発展を遂げてきた機械安全に基づくあらたな規範が考慮されていない。判例を法および工学の二つの規範に基づいて評価し、「誤使用」を判断する基準についての問題提起をしたい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional