PL研究学会 aplics

gakkaishi

学会誌論文の募集について

当学会では、会員の研究成果を学会誌を通し、広く公表します。
学会誌名称は『新 PL 研究( The Journal of New Product Liability)』とします。

学会誌『新PL研究』原稿執筆要項

1 学会誌名称 『新PL研究』(The Journal of New Product Liability)とする。

2 応募資格  原則として(一社)PL研究学会の会員でなければならない。

3 応募要件  論文は、独自性、創造性、新規性のあるものであり、発表することが
        社会的に意義を有るものと評価できるものであること。

4 使用言語  原稿執筆で使用する言語は、日本語または英語とする。

5 投稿要件  原稿は査読論文と一般論文、研究ノートの3種とする。いずれの場合に
        も同一人による執筆原稿の投稿は、単独論文(単著)に限り原則として
        1件とする。なお、投稿にあたっては、「論文審査依頼書」(別添)と
        ともに論文原稿を学会事務局へ提出するものとする。

6 査読論文  査読論文を希望する執筆者は、左上に査読論文と明記すること。なお、
        査読に関しては編集委員会で別途査読規程を作成する。

7 概要等の記述  論文のはじめに概要(400字以内)とキーワード(5語以内)を記載
          すること。

8 原稿枚数  原稿の字数は、論文の種別によりそれぞれ次のとおりとする。
        ①査読論文並びに研究論文については、400字詰め原稿用紙換算で図表
         を含めて25枚(10,000字)までとする。
        ②研究ノート等については、400字詰め原稿用紙換算で図表を含めて20
         枚(8,000字)までとする。

9 引用・参考文献 引用文献とは実際に本文に引用した文献のことを言い、参考文献と
          は自分の意見や考えを述べるうえで参考にした文献のことを言う。
          引用文献や参考文献は別々にそれぞれ「著者名、書名、出版社名、
          出版年、頁」などを表示する。なお、引用文献は実際に引用した
          場所またはその頁の脚注に表示することとする。

10 原稿校正  原稿は完全原稿で提出し、執筆者本人の校正は2回までとする。

11 配付部数  掲載原稿の執筆者には、発行された学会誌3冊を配付する。ただし、執
        筆論文の抜刷り希望の場合は実費とする。

12 提出期限  毎年3月末日必着とする。

13 提出方法  応募原稿の提出は、論文作成テンプレート(MS-Wordによる論文作成
        の暫定指針)で作成し、Eメールに添付する方法で提出する。
        それ以外の方法で提出する場合は事前にその可否について事務局へ相談
        すること。なお、郵送する場合は学会誌への投稿原稿であることを封筒
        表面に朱記し、記憶媒体を同封のこと。

14 発行予定日 7月1日

15 問合せ先  原稿の応募に関する問い合わせは、学会事務局を通じて編集委員会宛に
        問い合わせすること。

 学会事務局 〒173-0013 東京都板橋区氷川町47ー4 アビタシオンK 1F
 一般社団法人PL研究学会 E-mail:jimu-tokyo@aplics.org
 TEL/FAX.03ー3962-5515    

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional